グリーンピープルズパワーは
再生可能エネルギー100%電気のお届けを目指す電力会社です

電気のお申込みはこちら

電源構成

電気の産直を目指すグリーンピープルズパワーは,小売電気事業者登録されました!
(2019年9月9日付/登録番号A0644)

今後は小売電気事業者として、兄弟会社イージーパワー株式会社の太陽光発電所をはじめ、関東近隣の市民発電所でつくられた電気をみなさまにお届けいたします。電気をつかう輪も、つかう輪も大きく広がっていくよう、みなさまの力でグリーンピープルズパワーを育ててください。

2019年度​

当社はただいま、正式ライセンスの申請中で今年度中(2019年3月)​に​ライセンス取得の予定です。その暁には、親会社である「イージーパワー株式会社」の太陽光発電や、市民が運営する発電所、また、現在協議中の他社太陽光発電やバイオマス発電の電気と直接契約することが可能になります。そうすれば、再生可能エネルギー比率を100%に近づけることも可能になります。そして、やがては、再生可能エネルギー100%という究極の電気をみなさまにお届けしたいと思います。

2018年度

昨年度の供給元だったバイオマス発電所が、都内の自治体供給に使われることになりました。残念ながら「みやまスマートエネルギー」には、東電管内に再生可能エネルギー電源はありませんでした。そこで、より再生可能エネルギー供給の可能性がある「まち未来製作所」に取次元を切替えました。

「まちみらい製作所」は、荏原環境プラントからの電気を供給しています。ほぼ全てが、いわゆる自治体のゴミ発電です。家庭ゴミですから有害物質が含まれるということはありませんが、ペットボトルなどの石油製品も含まれます。

FIT適用を受けているバイオマス成分部分も40%あります。正式には運転後の運転報告によって確かめる必要がありますが、まずは40%の再生可能エネルギー比率を確保することにしました。

2017年度

2017年度は「みやまスマートエネルギー」という九州の会社の「取次(1)」を行いました。電源は、気仙沼のバイオマス発電所。顧客数が少なかったこともあり、FIT(2)電気(木質バイオマス)100%の電気をお届けできました。

  1. 取次:小売事業者登録のある小売事業者の電気を当社の名前で販売するという制度。 契約や代金徴収は当社名で行うが、電気の供給は取次元の小売事業者の電気となる。
  2. FIT:再生可能エネルギーの固定価格買取制度

電気のお申込みはこちらから

お申込み

電気のお申込みはこちら