グリーンピープルズパワーは
再生可能エネルギー100%電気のお届けを目指す電力会社です

電気のお申込みはこちら

東電株主代表訴訟 歴史的な判決
旧経営陣に13兆円賠償命令

こんにちは、若月愛子です。
東京電力福島第一原発事故から11年4カ月、司法が初めて旧経営陣の責任を認めました。
まさに「司法は生きていた!」という気持ちです。

原発事故を起こしても、誰の責任にもならないなんて本当におかしいことだと思ってきました。
ようやくまともな判決がでたことを嬉しく思います。そして、みなさんの長い闘いに頭が下がります。
原告側代理人の河合弘之弁護士は「10年かかりましたが、福島第一原発事故についての個人の責任を認めさせることができました。原発に携わる人たちは事故を起こしたら13兆円の損害賠償責任を課されます。これはもう二度と事故を起こさせてはいけないという裁判官の強い怒りと世に対する警告だと思う」と強調しました。

今、電力需給ひっ迫を理由に、原発を再稼働しようという動きが強まっています。
福島のことはなかったことにはできません。
今回の歴史的な判決が、再稼働の歯止めになることを期待します。

原発の電気を使うくらいなら、私は電気なんかいりません。たかが電気と命を天秤にかけるなんてあってはならないことだと思います。
今こそ、再エネ主体の社会に転換していくことが必要です。
そして、何より、省エネしましょう。
『足るを知る』。本当の豊かさとな何か?を考えることが大切です。

★原自連(原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟)さんの許可を得ましたのでご覧ください 。
「東電株主代表訴訟」に歴史的な判決 | 原自連公式サイト (genjiren.com)


電気のお申込みはこちらから

お申込み

電気のお申込みはこちら