グリーンピープルズパワーは
再生可能エネルギー100%電気のお届けを目指す電力会社です

電気のお申込みはこちら

GPPstudy「エネルギー関連法を知ろう」
SDGsとエネルギー基本計画

2021/9/28 開催

9月のGPPstudyでは、電気料金の内訳、電源三法交付金、エネルギー基本計画について学んでいきます。

小売電気事業者(GPP)は、ユーザーへ電気を送る際に利用する送配電網の利用料金として一般送配電事業者(東京電力パワーグリッド)へ、使用量(kWh)に応じて託送料金を負担します。これは、そのままユーザーの電気料金の一部になります。

・資源エネルギー庁:料金設定の仕組みとは?【電気料金に占める費用内訳】
・東京電力パワーグリッド:託送料金表

託送料金の内訳にある、電源開発促進税は原子力関連費用に多く使われています。賠償負担金は東京電力が負担すべき費用を国民へ転嫁しています。廃炉円滑化負担金等も、原子力事業者が積み立てるべき費用を国民へ転嫁しています。

この制度は、まったく国会で審議されることなく、さまざまなエネルギー関連法の省令に基づいて内閣で施行されています。大切なエネルギーの仕組みが、そんな方法で決められていて良いのでしょうか。

SDGs17項目の目標を「ウェディングケーキ」に準えた図(地球環境の基盤、私たち人類社会、そして経済の成立)を見ながら、本当に持続可能な電力システムとは何か、一緒に考えてみませんか?

エネルギー基本計画のパブリックコメントが、9月3日から始まりました。10月4日までのほぼ1ヶ月間が意見募集期間です。
意見募集要領(提出先を含む):エネルギー基本計画(案)に対する意見の募集について

日 時:2021年9月28日(火)18:00~20:00
テーマ:「エネルギー関連法を知ろう」
話す人:竹村さん(グリーンピープルズパワー代表取締役)

進 行:わじき(GPPスタッフ)
会 場:Web会議アプリケーションのZoomを利用
定 員:99名
参加費:無料

お申込:kouhou@greenpeople.co.jp 宛に
【件名:9月28日 GPPstudy】
【本文:お名前/ふりがな】をお送りください。
開催前日に、Zoom接続先をご連絡いたします。

お問合:090-2169-9265 和食(わじき)

7/27_電気の生い立ちを知ろう
8/24_核燃料サイクルは回らない
*10月も開催予定です。
 チラシダウンロード

知って、学んで、電気をつかって社会をかえよう!

主催:グリーン ピープルズ パワー株式会社

電気のお申込みはこちらから

お申込み

電気のお申込みはこちら