グリーンピープルズパワーは
再生可能エネルギー100%電気のお届けを目指す電力会社です

電気のお申込みはこちら

電気料金プラン

グリーンピープルズパワーの電気料金プランは、従量電灯B、従量電灯C、低圧電力(動力)。
いずれの契約も「基本料金」と「電気使用量」の2本立て料金です。
*電化上手(オール電化)メニューの方や高圧電力のお切替えも可能ですので、ご相談ください。

3つのプラン

●従量電灯B(一般家庭向け)

契約アンペア数基本料金東電との差額
10A858.00 円+572.00 円
15A858.00 円+429.00 円
20A858.00 円+286.00 円
30A858.00 円0 円
40A1144.00 円0 円
50A1430.00 円0 円
60A1716.00 円0 円
電力消費量1kWhあたりの料金東電との差額
0〜120 kWh19.88 円0 円
121〜300 kWh26.48 円0 円
301 kWh〜28.53 円−2.03 円

消費税10%込

●従量電灯C(一般家庭・個人商店等向け)

基本料金(1kVAあたり)東電との差額
286.0 円0 円
電力消費量 1kWhあたりの料金東電との差額
0〜120 kWh19.88 円0 円
121〜300 kWh26.48 円0 円
301 kWh〜28.53 円−2.03 円

消費税10%込

●低圧電力(動力)

基本料金(1kWあたり)東電との差額
1100.00 円−22.00 円
季節 1kWhあたりの料金東電との差額
夏季17.26 円−0.11 円
その他季15.72 円−0.08 円

消費税10%込

発電原価調整額・再エネ賦課金は、別途請求します。
※低圧電力の場合、まったく電気をご使用にならない月の基本料金は半額になります。
※低圧電力の基本料金には、力率割引または割増が設定されます。
※低圧電力の季節:夏季 毎年7月1日から9月30日 / その他季 毎年10月1日から翌年の6月30日。
電気供給約款(低圧)【PDF】

<GPP独自の発電原価調整額って何?>

今まで電気明細で目にしていた「燃料費調整額」とは?
燃料費調整制度とは、火力発電のための燃料(原油、液化天然ガス、石炭)の価格変動に応じて毎月の電気料金を調整し、価格変動を電気代に反映させるための制度です。 燃料費調整制度により調整された額が「燃料費調整額」として、普段私たちが支払っている電気料金に含まれています。

再生可能エネルギー100%を目指すGPPは、従来の「燃料費調整制度」は使いません。
なぜなら、地球温暖化を進める化石燃料を供給する電力会社を有利にする制度だからです。
代わりに「発電原価調整制度(化石燃料さよなら制度)」を導入しています。再生可能エネルギーの電気が増えるほど割引をしようという独自の制度です。この制度により調整された額が「発電原価調整額」です。

未来のための制度に、ご理解とご協力をお願いします。
現在、他社の「燃料費調整額」と当社の「発電原価調整額」には、差額が生じています。
しかし、化石燃料価格はやがて上がります。
当社は再生可能エネルギーを着実に増やしておりますので、いずれこの差はなくなり、逆転する事もありえます。どうか、未来のためにご理解とご協力をお願い致します。

従量電灯B・Cの電気料金をシミュレーターで比較してみよう!

電源構成(再エネ比率)

発電所紹介 

電気のお申込みはこちらから

お申込み

電気のお申込みはこちら